東海商工会議所青年部

"More Pleasing Town Tokai"

*

29年度会長所信


平成29年度 スローガン
真(心)で繋がる輪

東海商工会議所青年部(以下 東海YEG)は、創立20年目を迎える年となりました。
改めて、東海YEGの活動経歴・実績を深く感じると共にこれまで築き上げていただいた諸先輩方の功績に敬意を表します。

そして同時に新たな一歩を踏み出す時、大切なことは故きを温ねて新しきを知り、そこから目的論的行動をおこすことだと感じました。
人間の行動には、その行動の起点となる原因があり、一般的な心理学では、原因論の立場を取っています。
普段、私たちは、物事を原因と結果という因果関係で理解することを習慣としています。
しかし、人間は常に、目的を持って行動しています。 私たちの行動は、その起点となる原因と、その行動の結果との間に、
必ず「~~するために」という目的があります。 これが目的論の考え方です。

では、YEGという組織に於いて会員が所属し、活動する目的とはなんでしょうか?
私はこの真の目的こそがYEGに於ける〝原点〟と捉え、その核となる内容については綱領・指針に全て込められ、
私たち会員の目的論的行動の中心を担う原動力となると考えます。この綱領・指針を再認し、鑑みることで、
東海の異業種商工業者である私たちが会員間での交流・自己研鑽の為の行動となり、
私たち自身も含めた東海市民の為の地域の健全な発展・経済的発展・文化的活動の為の行動へと繋がります。
これが〝東海YEG活動〟と言えるのです。

この青年部の各事業に対し、会員一人ひとりが真の目的を持って活動することで、かけがえのない同志となり、心で繋がる輪が広がると考えます。
私はこの真(心)を持って東海YEGの会員が活動でき、輪が広がるよう微力ながらその責任を果たすべく、取り組んで参ります。