東海商工会議所青年部

"More Pleasing Town Tokai"

*

平成20年度 委員会・地区会


【委員会】
 委員長は、委員会活動を通じ委員会メンバーの意識の底上げや、会員の育成に力を注ぐ。委員会メンバーは、自らの経験を最大限に発揮し委員長を補佐し経験の浅いメンバーの教育や会としての出席率の向上に努める。
 委員会組織で個人を活かすとは、企画・立案の段階で委員会メンバーが委員会に参加し協議・検討を十分に
する事である。委員会メンバー個人が自分の考えを自由に発言しそれを委員会で取りまとめ事業展開する。こうする事で事業展開の各自の責任感が生まれ、事業の内容も理解でき、協力体制も強化される。

【総務・広報委員会】
活動方針
東海YEGの円滑な運営を計るとともに、規約の管理。 組織の事務局的役割を担い執行部を補佐する。
また広報誌を作成し広く内外にPRすると共にHPの維持管理。
卒業式の企画運営をする。

(事業概要)  
1.理事会の運営
2.総会の運営
3.手帳の作成 
4.広報誌の作成
5.卒業式の企画運営 
6.納会の企画運営
7.周年事業の分担事項の企画と遂行
8.他委員会事業への協力と連携と参加
9.委員会活動を通じて会員の育成と責任感の向上に努める
10.その他

【イベント・渉外委員会】

活動方針
 東海秋まつりのYEG担当エリアの、企画運営をすると共にまつりの一翼を担えるようなプロジェクトの立ち上げの想像を図る。また渉外事項の窓口となり他団体や上部団体等の行事や大会等を広く会員にPRし出席のまとめを行う。
(事業概要)
1.東海秋まつりの参画          
2.東海秋まつりの再調査と新事業への可能性の検討
3.OB会等との新年会の企画運営
4.渉外に関する連絡と出席者の取り纏め 
5.周年事業の分担事項の企画と遂行
6.他委員会事業への協力と連携と参加
7.委員会活動を通じて会員の育成と責任感の向上に努める
8.その他

【研修委員会】

活動方針
会員の人間力向上の為の研究会を開催すると共に、経営者としての資質向上の研修会を開催し、会員の意識向上と経営資質向上に努め事業所や地域の為に還元していただく。
    
(事業概要)
1.YEGや企業の組織の運営の為の勉強会
2.周年事業の分担事項の企画と遂行
3.他委員会事業への協力と連携と参加
4.委員会活動を通じて会員の育成と責任感の向上に努める
5.その他
            
【サンタ・拡大委員会】

活動方針 
 サンタ事業を企画運営し、事業を通じて市民とのふれあい場をつくり地域愛を育む。
入会説明会等を企画運営し、入会案内等の促進物を利用して会員拡大に生かす。

(事業概要)
1.サンタクロース事業の企画運営 
2.会員拡大事業の企画運営
3.新入会員とメンバーのオリエンテーションの企画運営
4.周年事業の分担事項の企画と遂行
5.他委員会事業への協力と連携と参加
6.委員会活動を通じて会員の育成と責任感の向上に努める
7.その他
 
【特別委員会】

活動方針
 環境問題と我々の商売をつなげて、より付加価値の高い営業提案等が出来るように企画する。
また環境に対して配慮した日々の経営活動が営める仕掛け創りをする。    
 
(事業概要)
1.環境問題とビジネスチャンスの可能性について考えメンバーに伝えアクションの起こせるきっかけ創りを企画運営する。
2.ブロック大会へ参加のきっかけ作り
3.周年事業の分担事項の企画と遂行
4.他委員会事業への協力と連携と参加
5.委員会活動を通じて会員の育成と責任感の向上に努める
6.その他

【地区会】
地区会は、地域に密着した組織であり、青年部全体では把握しにくい地区別事情、
会員の個人的な事情の把握取りまとめをしやすい組織である。
青年部組織は個人の集団である。個人が尊重、活かされていないのは組織ではない。
しかし、組織は多数決の原理で決定される。個人は決定される前の段階で、尊重され活かされなくてはいけない。
地区会組織で個人を活かすとは、委員会組織という全体的な組織では解りにくい個人的事情をこの組織で汲み取り、理事会での報告・協議事項を地区でも十分検討し、理事会で地区としての提案・意見をできるような取りまとめをする組織であり、さらには青年部事業の展開を側面から援助してもらう。

 - 事業方針等