東海商工会議所青年部

"More Pleasing Town Tokai"

*

特別委員会 視察勉強会

  2010/05/12


特別委員会 視察勉強会を
中部電力 碧南火力発電所(へきなんたんトピア)にて行いました。

電力館館長 滝原様より熱の入った発電所概要説明に始まり、環境保全やリサイクルの取り組みなど聞いた後、
発電所内視察となりました。

最後の館長を交えたグループディスカッションは、火力発電所視察の後だけに『燃えに燃えた』ものとなり、
環境に対する意識の向上に繋がりました。

ディスカッションで利用した電力館は無料でご家族でも楽しめるものになっています。是非ご活用下さい。
(発電所内見学は事前予約が必要)

視察勉強会

視察勉強会

視察勉強会


< へきなんたんトピアにて行われたディスカッションの内容 >

★館長との話し合いをさせていただきました。
その中で風力・火力・太陽光などの発電のメリット、デメリットを伺い
風力・太陽光では、まかなえない電力を火力発電所によって、安定供給をしていることや
火力発電のメリット、デメリット等、かなり突っ込んだ内容や本音を聞くことができ、
火力発電の重要性を、改めて勉強をさせていただきました。

とても気さくな館長さんで、話しやすく進めていただきました。
火力発電所が徹底した安全と環境保全に絶対的な自信を持っていることを理解することができました。
どのような質問にも的確にお答えいただき、時間が足りないほどでした。
ありがとうございました。
また石炭灰の100%リサイクルのお話もしていただき、とても興味を感じました。

★火力発電所の副産物・・・シーキュラスについて
非常に脱臭や土壌改良に有効なもの。
それほど大量にできないため、広い分野での活用にはまだまだ時間がかかるとのことでした。
一度使用したシーキュラスを更に復活させることを研究していらっしゃいます。

太陽光発電(売電について)・・・
太陽光発電システム導入時には国や市からの補助金が出ているのですが
売電価格は他国と比べるとまだまだ安価なので電力会社としてその価格を上げる方向性を検討しているとのことでした

→太陽光発電の普及率はまだまだ低いので電力会社としても安定した発電システムとはまだ考えにくいそうです。
普及して多くの家の屋根で発電され供給電力量が安定してこればおそらく売電価格は上がるのではないでしょうか?
とのお話でした。 

★経費削減についての話し合い
 
ゴミの問題では、面倒臭がらずに分別を行えば、おのずとゴミの量を減らすことが
できることで、処理費等に係る軽減の可能性もあるという意見交換をしました。
車両の選択や、アクセルを踏み込み過ぎない。等の取り組みをして行こうという意見交換もしました。

★リサイクルについての話し合い
 
リサイクルについて考えるきっかけとなる意見交換をすることができました。
自分たちには【何かないか!!】と活発な意見交換ができました。
紙ごみに至っては、再利用され、なおかつ経費が軽減できることや、多少プラスになることに気がつきました。
商工会議所でも、年間、相当な紙ごみが出るし、商工会議所会員も有効に紙ごみを処分できるのではないか?
との意見も出てくる意見交換になりました。

★事業所から出るゴミについての話し合い
 
同じようなゴミでも、処分方法はそれぞれ違うケースがありましたので
ケースバイケースで情報交換をすることにより、効果的な処分方法を考えることができ
とても大事なことだと、改めて感じることが出来た有意義な意見交換になりました。

 - 青年部事業